FX(外国為替)最強投資術!~ど素人が5万円を500万円にする方法~

FX(外国為替証拠金取引)で、3ヶ月で資金を2倍にしている私が、完全ど素人でも5万円の資金を500万円にできるよう情報提供します!FXの知識が全くない初心者にもわかりやすく成功への道筋を記していきます。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近は手数料無料というFX業者が多いのですが、株と同じように買った時と売った時に手数料がかかる業者もあります。片道1000円とか往復1000円というような表示がされていることが多いです。

往復の手数料だけが手数料だと勘違いしがちですが、実は手数料は他にもかかってきます。買値と売値との差をスプレッドと言うのですが、これも業者の手数料に当たります。

ドル円のレートを例にすると、『115.20-115.25』というように表示されているのを目にするでしょう。この安い方の表示(115.20)をBIDレートと言い、その通貨を売るときの値段になります。高い方の表示(115.25)はASKレートと言い、その通貨を買うときの値段になります。この差がスプレッドです。

全体的に取引量の多い通貨ペアほどスプレッドが小さくなっていることが多いです。ちなみに、ドル円やユーロ円はスプレッドが5銭であるところが多いです。中にはスプレッド3銭という業者もあります。

このように、売値と買値の両方を提示することを2wayプライスと言いますが、このような提示をしていない業者は絶対に避けるべきだと思います。

スプレッドや手数料は各FX業者によって異なりますので、注意が必要です。手数料無料の業者であっても、スプレッドが大きい場合は、結局手数料以上に損をするというようなこともあります。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。