FX(外国為替)最強投資術!~ど素人が5万円を500万円にする方法~

FX(外国為替証拠金取引)で、3ヶ月で資金を2倍にしている私が、完全ど素人でも5万円の資金を500万円にできるよう情報提供します!FXの知識が全くない初心者にもわかりやすく成功への道筋を記していきます。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本人の大半は、銀行や郵便局を活用していると思います。経営者の方は様々な取り引きに使っているでしょうし、サラリーマンの方は給料はほとんどが銀行か郵便局の口座への振り込みでしょう。また、電気代、ガス代、水道代、電話代など、生活にかかる様々な費用を、銀行や郵便局からの自動引き落としにされている家庭が多いと思います。私もご多分に漏れず、銀行口座も郵便局口座も持っています。

これらの利用のために銀行や郵便局を活用することについては、私は何の異論もありません。便利ですからね。しかし、みなさんは、銀行預金や郵便貯金を資産運用の一部として考えていませんか?

 もしそうだとしたら、もう一度よく考えてみてください

■銀行や郵便局にお金を預けてもほとんど増えない

今の日本の金利を考えると、銀行や郵便局にお金を預けていてもほとんど増えません。

例えば、銀行に100万円預金したとしましょう。1年後にいくらの利子がつくかご存知ですか?2006年11月現在、日本円の普通預金金利は0.1パーセントですから1年後に受け取る利子は、何と1000円です。

郵便局であれば、銀行より少しレートがよく、通常貯金の金利は0.12パーセントです。1年後に受け取る利子は、1200円です。ちょっとお得ですね。

しかし、よく考えてみてくださいね。元金は百万円ですよ、1000000円!それを1年間もの期間預けているのに、もらった利子はたった1回のランチで消えてしまいます。

銀行の定期預金や定期郵便貯金にすれば、、、金利が0.25パーセントですから利子を2500円ももらえます。いやあ、儲かった儲かった、、、って。1年間おろせない状況でがまんしてもらった利子が、1回のディナーで消えてしまいます。

銀行や郵便局にお金を預けるということは、たんす貯金するよりは泥棒に盗まれないだけましといった感じです。

(※三井住友銀行、ゆうちょの2006年11月の金利表を基準にしています)

■外貨預金にすれば大きく増える!?

日本円の金利がこのようにひどい状況なので、少し賢い人は外貨預金をしています。外国通貨の金利は、日本と比べてずっとずっといいのです。

日本円の定期預金の金利が0.25パーセントなのに比べて、米ドルの金利は3.73パーセントです。

1年後に受け取る利子は
日本円の定期預金・・・2500円(金利0.25パーセント)
米ドルの定期預金・・・36200円(金利3.62パーセント)
(※三井住友銀行の2006年11月の金利表を基準にしています。)

米ドルの定期預金に預けておけば、何と36200円ももらえてしまえる?これはもう外貨預金にするしかないですね。

■ちょっと待った!

外貨預金ならずいぶん大きなメリットがありそうですが、、、ちょっと待った!
ここには大きな落とし穴があります。

それは外貨預金にかかる手数料為替変動リスクです。

例えば、1ドル=100円のときに100万円を外貨預金に入れたとします。1万ドルになります、、、。と言いたいところですが、実は違います。

円をドルに両替する際に手数料がかかります。手数料は1ドルにつき1円です。ということは、1ドル=101円のレートで両替することになりますから、100万円は約9900ドルになります。

そして、1年たったときにその9900ドルに3.62パーセントの利息がついています。
9900ドル × 1.0362 = 約10258ドル

これを円に両替します。ただし、ここでまた手数料が1ドルにつき1円かかります。ということは、仮に為替レートが1ドル=100円のままだと仮定するならば、手数料を引くと1ドル=99円で換算しなければなりません。
99円/ドル × 10258ドル = 1015542円
となります。

結果として、1年後には利子が15542円つきました。利子は3.62パーセントのはずだったのに、手数料のおかげで約1.55パーセントになってしまいました。ずいぶん減ってしまいましたね。まあでも、円の定期預金よりずっと利子が高いからよしとするか、、、、。

さらにちょっと待った!

これは為替変動がなかったことを前提とした計算です。実際には為替レートが動かないなんてことはありえないです。

ここでシミュレーションします。もし1年後に1ドル=90円(円高)になっていたとしたら、手数料1円を引いて1ドル=89円のレートで両替しますから、
89円/ドル × 10258ドル = 912962円
なんと、元本の100万円が増えるどころか、87038円も減っているではありませんか。

1年間で為替が10円程度動くのはよくあることですから、この程度の損失は覚悟しなければなりません。

ここで、逆に円安に動いた場合をシミュレーションします。1ドル110円になっていたとします。手数料1円を引いて1ドル=109円のレートで両替しますから、
109円/ドル × 10258ドル = 1118122円
なんと、利子と為替差益を含めて118122円も増えています。たった1年で100万円から10万円以上増えたということです。すごい!

つまり、外貨預金は円預金と比べて、ハイリスクハイリターンであるということです。

多少のリスクをとってでも大きなリターンを取りたいという方はぜひ外貨預金を!

、、、、、さらにさらに、ちょっと待った!

「こんなリスクはとれないよ。」という方も「この程度のリスクはたいしたことないよ」という方も、みなさん、ちょっと待ってください。

実は、外貨預金のリスクをうまくおさえて、さらにずっとずっと大きなリターンがねらえるものがあるのです。それがFX(外国為替証拠金取引)です。

↓ランキングに参加しています。一度のぞいて見てください。
人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
手数料は片道1円、往復で2円のところが多いですね。
2006/11/25(土) 22:38:56 | URL | 新米金持ち父さん #H6RSI4P.[ 編集]
そうですね。手数料2円と5銭ではあまりにも違いすぎます。どう考えてもFXに軍配が上がりますよね。
2006/11/25(土) 23:03:11 | URL | アールグレイ #GCA3nAmE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。