FX(外国為替)最強投資術!~ど素人が5万円を500万円にする方法~

FX(外国為替証拠金取引)で、3ヶ月で資金を2倍にしている私が、完全ど素人でも5万円の資金を500万円にできるよう情報提供します!FXの知識が全くない初心者にもわかりやすく成功への道筋を記していきます。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FX(外国為替証拠金取引)を行う上で必要な、担保として預けるお金のことを証拠金(保証金・マージン)と言います。売り買いを行うためには、その取引額に応じた証拠金が必要となります。証拠金がいくら必要になるかは、FX業者によって異なります。

FXは、この証拠金を担保として自己資金よりずっと大きな額での取り引きができるのがいいところです。

大きくまとめて証拠金と言っていますが、いくつかの言葉が使われていますので、まとめておきます。

最低証拠金・当初証拠金・・・取引口座を開設する際に、預け入れる最低額のことです。この金額を振り込まないと口座開設ができません。

必要証拠金・・・取引単位ごとに必要になってくる証拠金額のことです。例えば、1万ドル(1ドル=100円で百万円)の買いポジションを持つために2万円が必要証拠金になるというような感じです。この金額によってレバレッジ比が決まってきます。

有効証拠金・・・ポジションを持っていれば、為替相場の変動によって含み益を得たり含み損を抱えたりします。未決済であっても、ポジションの評価はその含み益・含み損によって大きく異なります。含み益や含み損を入れてその時点での金額のことを有効証拠金と言います。

維持証拠金・・・ポジションを維持するために最低限必要な証拠金額のことです。為替変動によって持っている損益が生じてこの金額を下回ると、強制決済される危険があります。この維持証拠金は必ずチェックしながら取引をする必要があります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。